「知識」よりも「成功体験」を

登録はこちら

\ 始めるなら今! /
¥49,800でプログラミング学習を始めよう!

最速で作る

Playgroundは「速く作る」ことに特化したプログラミング学習サービス

PlaygroundではiPhoneアプリを開発できるSwiftコースと、WebサイトやLP制作のためのHTML/CSSコースを公開しています。

Swiftコースでは、当社で開発したPGFramework自動処理スクリプト(Magic Box)を使ってもらうことで、より早くアプリ開発を習得できます。

HTML/CSSコースでは、ランディングページ制作に使えるHTMLとCSSのテンプレート(サンプルコード)を公開しています。

プログラミング言語の「学習」というよりも、「速く作る」ことを重視した教材となっております。

これは、ユーザーの皆様になるべく早く成功体験を得てもらうためです。
現場で開発してきた経験から、「1度体験してからでないと知識として定着するのは難しい」と考えています。

基本的な知識をイチから習得したい方は、他の教材で学習されることをオススメします。

Playgroundの強み

知識よりも経験

知識よりも経験

Playgroundは、学んでもらうためではなく、作ってもらうために教材を提供しています。

また、数多くの課題が用意されている点が特徴です。その課題から逆算して、達成に必要な知識だけをカリキュラムにしています。

知識の習得よりも、「開発できた」という成功経験を早く積むことを目的としています。

そのためプログラミング言語の「学習」というよりも、「作る」ことを重視した教材となっております。

最新版への対応

強み2

Playgroundの教材は、最新バージョンの情報を掲載するように日々更新しています。

例えば、Swiftは「最新版への対応が難しい」プログラミング言語だと思います。

Swiftのドキュメントは英語かつ、実際に使ってみないと分からない新機能や変更点が多いのです。

しかし、Playgroundは現役エンジニアが実務で得たノウハウを教材化しています。

コミュニティサポート機能

Playgroundのサポートは「コミュニティ型」です。

教材の中で質問ができて、現役エンジニアの講師が回答してくれます。

他の会員が過去に投稿した質問やその回答も閲覧できるので、一般的な学習サービスよりも多くのヒントを得ながら進めることができます。

また、会員向けのセミナーや勉強会を開催しています。

新着情報

Playgroundはずっと未完成。常に進化し続けるオンライン学習サービスです。

  • [v0.1.3]
    2020/08/26
    Swiftコースに7カリキュラムと1課題を追加しました。
  • [v0.1.2]
    2020/08/12
    Swiftコースに2カリキュラムを追加しました。
  • [v0.1.1]
    2020/08/05
    SNSシェア機能を追加しました。Swiftコースに11課題を追加しました。
  • [v0.1.0]
    2020/07/29
    Swiftコースに1カリキュラムを9課題を追加しました。
  • [v0.0.9]
    2020/07/22
    Swiftコースに6カリキュラム、HTML/CSSコースを1課題を追加しました。
  • [v0.0.7]
    2020/07/15
    HTML/CSSコース(27カリキュラム + 6課題)を公開しました!
    Swiftコースに新カリキュラムを2つ追加しました。
  • [v0.0.6]
    2020/07/08
    Swiftコースに新カリキュラムを追加しました。合計127カリキュラムになりました。

料金

¥49,800+税
SwiftとHTML/CSSのコースを受講できる
サポート費用:¥500/月
最初の7日間は無料
さらに、
友達紹介で
特大キャッシュバック!

先行登録特典

業界最安水準
入会金が¥49,800

友達紹介※1で、
あなたに¥5,000と
友達に¥5,000をキャッシュバック。

何人紹介してもOK!
先行登録して特典を受け取る

受講後の姿の一例

PlaygroundのSwiftコースを受講した場合の例です。

※あくまで受講後の姿の一例であり、同様の年収や就職、能力の向上を保証するものではありません。

他社との比較

弊社のサービスと、他社のプログラミングスクールを比較してみましょう。

弊社 Swiftコース A社 アプリコース B社 アプリ開発コース
期間 無期限 4ヶ月 3ヶ月
形式 good
完全オンライン
good
完全オンライン
soso
一部オンライン
入会金 ¥49,800+税 ¥49,800+税
月額費用(税込) good
社会人/学生 ¥550
soso
社会人 ¥81,647
学生 ¥60,225
bad
社会人 ¥160,600
学生 ¥136,510
学べる技術 good
Swift
XCode
Firebase
GIt
good
Swift
XCode
Firebase
GIt
非公開

4ヶ月受講した場合の価格比較

Price comparison graph

7日間の完全返金保証制度

7日間完全返金保証

「教材が想像と違っていたらどうしよう...」
「いきなり5万円も支払うのは不安だな」
「試しに使ってみたいな」

上記のようなお客様の声にお答えして、
7日間の完全返金保証制度をご用意いたしました。

プログラミングの教材選びに迷っているなら、
試しに使い始めてみることをオススメします。

登録はこちら(7日間の返金保証付き)

Playgroundの教材

さて、実際にどんな教材が提供されているのか気になりますよね?

2020/09/01時点で152カリキュラム・34課題を提供しており、日々更新ししています。

Swiftコースのカリキュラム例

  • Xcodeとターミナルの基本操作を覚えよう
  • Swift 5の基礎知識
  • さまざまなView(表示)を作ろう
  • Controller(制御)を作ろう
  • Model(データ)を作ろう
  • Firebaseでアプリを開発しよう
  • Gitでソースコードを管理しよう
  • Map APIでマップ付きアプリを作ろう
  • 色々なUIKitを知ろう
  • 自社開発フレームワーク「PGFramework」の使おう
  • 自動処理スクリプト「Magic Box」の使おう
  • ...etc

HTML/CSSコースのカリキュラム例

  • SEOのためのHTML構造を理解しよう
  • レスポンシブデザインにしよう
  • 画像の上にテキストを表示しよう
  • クリックされやすいCTAボタンを作ろう
  • Flexboxを使いこなそう
  • レスポンシブなヘッダー/フッターを作ろう
  • アコーディオンメニューを作ろう
  • Firebase HostingでWebページを公開しよう
  • ...etc

受講生の声

※あくまでも個人の感想であり、効果には個人差があります。

Fさん
(22歳・男性)

Q1. 受講したきっかけは何ですか?

まず第一に、プログラミングスキルという目に見えるスキルを求めていたからです。
また、外資系企業のエンジニアとして活躍していた方が講師だったから、という理由もあります。
当時、僕の周りにプログラマーは多くいましたが、Swiftという言語を選択している人はいませんでした。
Swiftを学ぶことで「人材としての希少性が高まるのではないか」と思い、受講を決めました。

Q2. どのようなことを学びましたか?

基礎だけでなく、実務で使える実践的なことを教えていただきました。
プログラミングの概念を学ぶというより、「現場で使えるコード」を学ぶ超実践型の教材でした。
そのため、スムーズに実務に入れたのではないかと思います。

Q3. 学んだことを現在はどのように活かしていますか?

Swiftを学習し始めて1年未満ながら、業務委託の開発案件を知人から紹介してもらいました。
そのため、現在はフリーランスとして現場に参画し、スクールで学んだことを活かしながら新しいチャレンジをしています。

Iさん
(20歳・女性)

Q1. 受講したきっかけは何ですか?

「実践的な環境でプログラムを書く経験を積める」と聞いて興味を持ったことがキッカケでした。

Q2. どのようなことを学びましたか?

  • 基本的なMacの操作方法
  • プログラムの世界の基本的な考え方
  • 実践的なコーディング方法

などなど、幅広く教えていただきました。
Playgroundが提供している独自のフレームワークにより、早い段階で成功体験を積むことができたので、やりがいを感じながら学ぶことができました。

Q3. 学んだことを現在はどのように活かしていますか?

現在はiOSアプリ開発のお手伝いをしています。
また、次は自分が教える側の立場になりました。初心者の方に、PCの使い方からSwiftでのプログラミングまで、色々なことを教えています。

Iさん
(20歳・女性)

講師の紹介

プロフィール

馬谷 浩樹

株式会社 Playground
代表取締役

こんにちは。

お金が全くなくて"どうにかしなきゃ"と思った
約20年前から現在までの
簡単なストーリーご紹介します。

【起業前】
・大手外資企業でのソフトウェア開発経験
・大手国内企業でのアプリケーション開発経験
 0→1を作る開発を数多く経験してきました。

【起業後】
まず、個人向けプログラミング研修を開始しました。
その時に受講した生徒が社員となったり、他の企業で活躍していたり。
現在は企業からの受託開発を行いながら、
企業向けにプログラミング研修を提供しています。

以上です。

このような今までの経験を生かし、
できるだけ安く提供できるといいなと思い、
オンライン学習サービスをご提供いたします。

わたしと同じ考えの人
それに近い考えの人
プログラミングを独学している人
趣味程度に初めてみようかなと思われている人
スキルアップしたい人
...etc

このサービスが少しでもみなさんの役に立つことを願っています。

FAQ

incorrect correct

Q. どんなスキルが身につくスクールですか?

A. 実際の仕事で使えるプログラミングスキルを教えています。知識の習得ではなく、開発経験を重視しています。 Swiftコースは、iPhoneやiPadのアプリの開発方法を学ぶことができます。 HTML/CSSコースは、Webサイトやランディングページの作り方を学ぶことができます。

Q. プログラミング初心者でも大丈夫ですか?

A. 初めてプログラミングに触れる方でも「なるべく速く」アプリ開発ができる教材を提供しています。 ただし「基礎から学びたい」という方は、他の教材で学習することをオススメします。 使えない知識ではなく、実務で使える開発テクニックを教えているからです。

Q. 受講に必要な物を教えてください。

A. SwiftコースはMac OSのパソコンが必要です。また、教材内で使用しているコマンドや操作も、Mac OSのみをサポートしています。

Q. 推奨ブラウザを教えてください。

A. 推奨ブラウザはChromeまたはSafariです。Internet Explorerはサポートしておりません。

Q. 返金の申し込みはどうすればいいですか?

A. 「登録から7日目の23:59まで」に、サービス内のマイページから退会を行なってください。 返金保証日時は、アカウント登録時にお送りするメール内にも記載しております。 それ以降の退会による返金はいたしかねます。

Q. 対応している支払い方法を教えてください。

A. 現在は、VISA / MasterCard / AMEX / Discover / Diners Club / JCB のクレジットカードおよびデビットカードに対応しております。

Q. 退会(解約)時に金額は戻ってきますか?

A. 7日間の返金保証制度以外の退会(解約)の場合、返金することはできません。 また、月額サポート費用を日割り計算で返金することも対応できません。

Q. 紹介制度は何人でもOKですか?

A. はい、何人でも紹介可能です。紹介していただいた方1名につき¥5,000ずつのキャッシュバックをお支払いします。

Q. キャッシュバックはいつ振り込まれますか?

A. キャッシュバック条件成立の翌月末にお振込いいたします。 例えば、紹介していただいたご友人が2020/06/15に有料会員登録を行なった場合、2020/07/31にあなたとご友人に¥5,000ずつお振込します。

上記で解決しなかった場合、コチラからお問い合わせください。

業界最安水準
入会金が¥49,800

友達紹介※1で、
あなたに¥5,000と
友達に¥5,000をキャッシュバック。

何人紹介してもOK!

※1...キャッシュバック成立条件:友達があなたの招待コードを使用してアカウント登録後、有料会員となった場合。

totop