DX推進に関する取り組み

人主体のDX(デジタルトランスフォーメーション)

現代のビジネスにおいて、テクノロジーの力で膨大な量の情報を入手するだけでなく、どの情報が有益であるかを解析することを実現することが不可欠だと考える。

ビジネスには人の介在が必要であることも認識した上で、人が最大限の効果を生み出すことが私たちテクノロジー企業の目標だと理解している。我が社のDX(デジタル・トランスフォーメーション)は、テクノロジー主体ではなく、人を主体として「仕事の在り方」を変革していきます。

自社と顧客の豊富なDX事例

自社開発したプログラムを用いて多種多様なデータを集めています。そのデータを顧客のビジネスに活用するだけでなく、データを集める手法も顧客に提供しています。
また、顧客に対して、非効率的であった物理的な管理方法を電子化するシステムを導入し、より正確でアクセスしやすく分析しやすい管理方法を実現しました。
自社や顧客企業で実現したDXの事例をもとに、中小企業を中心にDX推進を提案し、共に併走するコンサルタントとなります。

DX推進部を設置し、自社・顧客へのDXを推進してまいります。

自社で取り組んでいるDX施策

  • リモートワーク業務の推進
  • ビッグデータの収集/分析
  • 業務自動化システムの開発/運用
  • 社内IT設備とITシステムの整備
  • DX推進のための専門部署「DX推進部」を設置

DX推進指標

  • 顧客企業に対するDX推進サポート件数の増加
  • リモートワークとIT設備/システム活用による従業員満足度の向上

DX推進部の設置

自社・顧客に導入したDXの事例・知見をもとに、さらにDXを広めるべく、DX推進部を設置しました。それらの事例と知見は資料化しており、大小様々な企業に対してDXの提案を行っています。

情報処理システムにおける課題の把握

「DX推進指標」による自己分析を昨年度、今年度と継続して行い、経年進捗やベンチマークデータの社内共有を行っています。

サイバーセキュリティに関する対策

サイバーセキュリティおよびセキュリティ全般において、主に社内システムの安全確保と不正利用の防止・監視を目的とし、システム的・組織的に以下施策を適用しております。

  • 社用端末の付与
  • OSの定期的なセキュリティアップデート
  • 情報せキュリティの3要素「機密性」「完全性」「可用性」に基づいた適切なデータ管理